データの取り扱いはどうしたらいいのか

surfaceも本当に便利です。プライベートはもちろん、ビジネスでも営業先で使うなど、利用の幅は広くなっています。そうなってくると、仕事のデータも入りますし、もちろんプライベート情報も満載です。そんなデータ、買取前の対応が重要です。
———-

surfaceもその使われ方はさまざまです。インターネットや動画を見る、メールで使う、文書作成やビジネスで使うなど、の個人から企業までかなりの人が使っています。
しかし、バージョンも古くなればあたらしいものもほしくなります。まだまだ使えるならば、破棄ではなく買取に出してみましょう。その時に気にすべきは、データです。

データの処分はゴミ箱に?

パソコンを使っていたらすぐわかりますが、ファイルはゴミ箱にまずは捨てているでしょう。貯まってきたら、ゴミ箱削除なんてしていませんか。
普段ならばそれでもいいのですが、買取に出すときにはそれだけでは、不十分です。
ゴミ箱から削除しても、復活できるので個人情報漏洩にも繋がりかねません。また、業者もデータが入ったままでは、次の人に売り出すこともできません。
なので、基本としてはゴミ箱から削除ではなく、初期化を実行してください。初期化をすると、surface購入後に入れたソフトもなくなります。OSのみの状態になれば、安全です。

やり方がわからないときには

設定のメニューから進んでいくと、初期化を選択できます。バージョンで多少画面遷移も変わるので、ネットで調べるといいです。
なお、業者によっては初期化も引き受けてくれますので、相談してみてください。店舗買取でも、スタッフが代わりにやってくれることもあります。確認してやってくれるならば、データのバックアップをして持ち込むといいでしょう。

データについても、対応することも買取前の大切な作業です。忘れないようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です