下取りと買取の使い分けを知っておこう

よくテレビのコマーシャルでも、下取りなんて言葉が出てきます。また、買取なんて言葉も聞いたことあるでしょう。
何となく違いがわからないことありませんか。それぞれ違いを知って使い分けをしていかないと、損するかもしれません。ぜひ押さえておきましょう。
———-

今だと、買取や下取りと耳にする機会も多いでしょう。あまり違いを知らなくてなんとなく、どちらかをやっていませんか。
きちんと使い分けした方が得します。もちろん、それぞれ業者ややり方にも違いもあります。surfaceに関しても、あてはまります。
ここではそれぞれを勉強していきましょう。

下取りは店舗中心となる

よく家電だと、下取りなんてことがアピールされます。こちらは主に電気量販店でやっています。これは、今もっている家電を買い換えるときに利用するものです。
surfaceで下取りならば、今あるものをお店に出せば、それを査定してお店が買取します。しかし、その現金は支払わずに、surfaceをだした人が家電を買うときの代金から引くというのです。結果としては、下取りに出せばそれだけ、安く家電が買えるわけです。得しますが、お金を受けとることはできません。

買取の場合は、現金化になる

それと比べると、買取の場合には査定後には現金が貰えます。宅配買取の場合には、指定した口座へ振り込みがされます。振り込みは、査定完了して1週間以内がほとんどです。
買取では、店舗持ち込みができます。最近ではGEOやTSUTAYAでもやってくれますし、昔からあるリサイクルショップでもやってくれます。
あと、宅配買取があります。なので、専門店にしっかり見てほしい、近くの店舗査定が納得いかない、店舗がない時に使えます。

買取の方がわざわざ家電も新しく買わなくて済みますし、業者もいくらでも選べるので得しやすいです。壊れていても買取するので、処分には買取がオススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です